ブログ

パンチョ大島の日常

本格的は春到来を感じる今日この頃 皆様いかがお過ごしでしょうか?

ご無沙汰しております。パンチョ大島です。

 

常日頃、休みの日は遊び歩いているかと思われておりますが、

実は、カフェで読書を嗜む人間でもございます。

 

という事で、今回は本の紹介!!

面白い本に出会えたので、せっかくなのでアウトプットしようかと思います!

 

 

『成瀬は天下を取りに行く』新潮社

 

2024年本屋大賞ノミネートの話題作です。

 

まず、手に取った理由ですが完全に表紙と本屋さんの煽りPOPのおかげ(笑)

THE青春系の小説は好物ジャンルなので即購入でした。

 

パンチョ大島は2時間ぐらい読み切ってしまいましたが、

連作短編集なので少しずつ読むのもオススメです。

 

 

【ひとこと感想】

「島崎、わたしはこの夏を西武に捧げようと思う」。

主人公、成瀬あかりは、周りの目を気にせず自由奔放でマイペース

いわゆる天才と馬鹿は紙一重を地で行く強烈なキャラクター性にきっと多くの人に刺さるはず!

私もそんなふうに成瀬みたいな青春がしたかった……

彼女の考え方はとても素敵で、こんな生き方をしたいと思いました。

 

以下、お気に入りのセリフ

『大きなことを百個言って、ひとつでも叶えたら、「あの人すごい」になる。だから日頃から口に出して種をまいておくことが重要なのだ』

なるほど、これからは種をまいていこう

と思う今日この頃でした。

お問い合わせ

ご依頼、ご相談など
お気軽にお問い合わせください。